婚活のスタートアップのときにやるべきこととは?!

婚活の最初に

婚活のイメージってどう思われますか?

昔は、いかにもモテない人がやるというイメージもありましたが、街コン、ネットでのサービスが多様になり、イメージがかなり変わっています。

出会いの選択肢の一つとして考える人が増えてきています。

ここでは、婚活のスタートアップのときにやるべきことについて、私の経験をふまえてまとめてみます。

スタートアップのときに考えるべきこととは?!

男性のみの職場や女性のみの職場で出会いが少ない職場もたくさんありますよね。

いわゆる「おせっかいおばさん」は少なくなりました。

「自分の友達は結婚してしまって、さびしいな・・ いい女性と巡りあうために婚活してみよう。」

と意識されて婚活する男性は、とても多くなっています。

そんな婚活するうえで、「最初にやっておくべきこと」って分かりますか・・?

婚活の事業者を探す。

カウンセラーや仲人さんを探す。

戸籍抄本や独身証明書を用意する。

源泉徴収票を用意する。

お見合にとる写真を用意する。

婚活を決心してから、相談所を探すことや入会のための事務手続きの準備で忙しくなってきます。

このサイトでも別の記事でふれています。

ですが、同時に「最初にやっておくべきこと」があります。

どういう女性を希望するのかを考える

イメージが漠然としていても構いません。

ですが、「どんな女性を探しているのか?」は検討するべきです。

結婚に必要な条件は、2~3個ぐらいにとどめ、女性の容姿や性格をある程度イメージします。

難しく考える必要はありません。

過去に憧れた女性などを思い出していき、自分が好きになる女性の容姿や性格をある程度、自分で把握する必要があります。

当たり前のように感じるかもしれませんが、婚活をするうえではとても大切なのです。

婚活を進めるうえで、たくさんの女性と会う機会があります。

個別に会うのではなくても、パーティーなどもあり、たくさんの女性と会うことで、混乱してしまうのです。

人は選択肢がたくさんあると分からなくなってしまう傾向があります。

ある程度把握することで、限られた時間で、探すことができるようになります。

しかし、最初から分からない男性の方もいらっしゃると思います。

この場合は、とにかく女性と会う中で、「自分にとって居心地のいい女性」が徐々に分かってくると思いますよ。

よろしかったらクリックをお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

既婚。専門職。30代後半です。大学生のときから付き合った彼女と25歳のときに別れました。 26歳から、出会いを求めて婚活の世界に。婚活パーティー、ネット、大手相談所、結婚相談所の全てで婚活を行っています。 破局、数多くの出会いに経て、結婚相談所で今の妻と出会い、結婚しました。 仕事と子育てに奮闘中です。 趣味は読書、映画、料理、ガーデニング、ブログです。