婚活パーティーでの効果的な出会いをするためには?!

カクテル

婚活パーティーって想像できますか?

婚活パーティーのイメージには

「仕事は何をされているんですか?」

「趣味は何ですか?」

というような典型的なイメージがあるのではないでしょうか?

ナイナイのTV番組でよく放映されている「お見合ルーレット」。

円座になって、男女それぞれがお互いに話すようなイメージではないでしょうか?

私も経験するまでは、堅苦しいイメージしかありませんでした。

しかし、最近の婚活では状況が変わってきており、婚活に有効な方法になっています。

自分が経験してみた

PARTY×PARTY
ホワイトキー

が行っている婚活パーティーにふれてみます。

最近の婚活パーティーとは?!

最近の婚活におけるパーティーは、自分の基本プロフィール(仕事、趣味、家族構成など)を会場でプロフィール票に記入します。

男女お互いに対面で話すときに、相手のプロフィールを確認しながら二人で会話してみるものになっています

最初に、婚活パーティーに参加するときはとても緊張しますが、だんだん慣れてきますよ。

実施する会社、場所選びを選ぶためのコツとは?!

婚活パーティーを実施している会社やパーティーの会場を選びます。

会社や会場となる場所、時間によって、参加者の傾向は変わってきます。

お勧めの場所やどこがいいというのは、一概にはいえません。

参加する男性、女性によって変わってきますし、理想とする相手が人によって異なりますよね。

また、首都圏や商業圏の場合は、都会から地方に参加される方もいました。

なので、会場となる場所はあまり重視しなくてもいいと思います。

参加に条件のある婚活パーティーがあります。

例えば、

参加するメンバーを限定しているような「20代限定」

「大手企業会社員、公務員、資格職として勤務する男性」

というようなものもあります。

また、比較的女性の容姿のレベルが高い傾向になる接客業や美容師の女性向けに、平日の夕方や夜に開催するものもあります。

土日ではなく、平日休みの方のために、開催されています。

地方都市で開催される婚活パーティーの傾向ですが、男性、女性とも近くに住んでいる方が中心です。

しかし、都内から参加される男性、女性もなかにはいます。

別の記事でふれましたが、自分の「探している女性や男性」が参加するパーティーを探す必要があります。

開催する場所、時間を検討して、何回か参加してみると傾向がつかめてくると思いますよ。

パーティーを実施する会場ですが、事業者が専用の会場や場所を用意しています。

落ち着いたシックな内装になっていることが多いもの。

パーティーの日時や場所は、WEbサイトで募集されているため、よく検討することがポイントです。

参加するときは、運営する事業者のホームページでの申込みが必要になります。

服装は、カジュアルな服装が一般的です。

立食形式でドレスコードがかかっているものは、フォーマルなスーツになります。

男性で迷ってしまったら、スーツをでも構いませんが、女性の好印象となるのは、カジュアルな服装です。

婚活パーティーでの基本の流れとは?!

基本的な流れについて、ふれてみます。

1.受付

予約をしているため、氏名を伝えて、身分確認を行います。

当日会計を支払う場合は、ここで金額を支払います。

受付を済ませた後は、フリー型の婚活パーティーでなければ、スタッフに誘導されて自分の席に座ります。

パーティー開始前より早く受付をすますことがポイントです。

プロフィール作りにも時間がかけられますし、女性の褒めるべきポイントを探す時間ができます。

また、パーティー中に、女性陣の中で、「特に話してみたい女性」を予め決められる時間ができます。

会話する時間が限られてくるため、第1印象がとても大切な婚活です。

パーティーが始めると同時に話し、待ち時間は周囲と会釈もしないという極端な対応をとる人がいます。

これって、どう思われますか?

人の性格は何気ない態度やしぐさにも生じるものです。

自分は、着座する際は、挨拶をするように心がけて、笑顔を意識づけていました。

初対面の人との出会いという緊張しがちな場面ですが、他の人も同じく緊張しています。

ある程度の緊張感はあると思いますが、肩の力をぬいてリラックスしてみてください。

女性との会話ですが、3分から5分で会話が終わり、男性が隣の席に次々に移動していきます。

このため、「特に集中する相手」というように自分の中で強弱をつけて対応することがポイントです。

2.パーティー

1人1人と会話する時間は3分から5分程度が目安になっています。

参加人数も運営する会社やパーティーの規模によって異なってきます。

一般的なパーティーでは、「女性、男性ともそれぞれ10名程度」で実施されています。

実際にやってみると分かりますが、女性と話す時間が限られ、全ての女性又は男性と話していくため、時間があっという間に過ぎますし、とても忙しく感じます。

相手の女性や男性の印象を簡潔にメモしないと最後に

「誰とどういう会話をしたのか?」

「女性へどんなイメージをもったのか?」
かが分からなくなってしまいます。

簡潔にメモをすることが大事ですよ。

話す時間は、会話を楽しむことで問題ありませんし、時間が限られています。

席を移動する時間に

相手の女性や男性への第一印象を一言

会話で盛り上がったテーマを一つ

次に話してみたいどうかを三段階(○、△、×)で評価

これらを簡潔に受付で渡されたメモ用紙に記入します。

ここをしっかりしていないと、フリータイムや希望する女性や男性を選ぶときにとても困ってしまいます。

何人もの女性と話すと記憶がゴチャゴチャになってくるからです。

3.中間報告、フリータイム

すべての女性または男性と会話すると、回答シートに希望する人を第1希望から第3希望までを選んで、提出します。

婚活パーティーの種類によっては、これで終了するものもあります。

参加している女性や男性への人気などの傾向がその場で集計されて、情報提供されます。

フリータイムのときに、もう少し話してみたい女性や、惹かれている女性や男性へ会話を申込みます。

承諾されれば、そこで会話してみます。

会話だけなので、断られることはあまりありません。

しかし、女性が他の男性に気になっている場合や男性が他の女性に気になっている場合は、断られてしまいます。

このへんが、婚活パーティー特有の駆け引きですね。

指名することで、自分の好意をきちんと伝えて、カップルを目指すのか

無理そうなので他の人と話すのか

テレビのお見合や婚活番組でもやっていますよね

4.最終集計、発表

自分が希望する女性や男性を選んで、回答シートに記入して提出します。

集計され、カップルにみごとなれれば、お互いに連絡先を交換できるようになります。

いかがでしたでしょうか?

ざっとですが、婚活パーティーの流れについてふれさせていただきました。

TVでも取り上げられていてきているので、想像はしやすいのではないでしょうか?

この出会い方の特徴は、その人の第一印象を最優先にしています。

もちろん、具体的な対策については、自分の経験からありますので、別の記事でふれてみます。

本記事を読んでいるあなたに少しでも役に立てれば幸いです。


よろしかったらクリックをお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

既婚。専門職。30代後半です。大学生のときから付き合った彼女と25歳のときに別れました。 26歳から、出会いを求めて婚活の世界に。婚活パーティー、ネット、大手相談所、結婚相談所の全てで婚活を行っています。 破局、数多くの出会いに経て、結婚相談所で今の妻と出会い、結婚しました。 仕事と子育てに奮闘中です。 趣味は読書、映画、料理、ガーデニング、ブログです。