パーティーで女性と会話を弾ませるために 前編

オレンジジュース

「3分から5分の短い会話で何を話したらいいんだろう・・?」

「女性からいつも好印象をもらえず、カップルになれなかったらどうしよう・・」

「初対面で何を話したらいいんだろう? 緊張しやすいし・・ 口下手だしな・・」

と思って不安に思ったりしていませんか?

私も最初の婚活パーティーのときに悩みましたし、初めて参加したときは惨敗でした。

しかし、特性をよく理解することで、緊張感が緩和しました。

お付合いする方ではなく、女友達ができたことも。

この記事では、うまく話せるように私の体験をふまえて「パーティーでの会話」についてふれてみます。

婚活パーティーに参加するうえで大切なこととは?!

重く考えない

初対面の人と会い、会話するのに全く緊張しない人はいません。

ある程度の緊張感は、必要です。

友達との会話ではなく、あくまでも婚活や真面目な出会いですよね。

しかし、婚活している方では、重く考えたり、深く考えたりしがちです。

「素敵な人」との出会いは貴重だし、絶対に失敗できない・・

何度も失敗した後なので、次は成功させたい・・

いろんな考えから、次のパーティーは絶対に成功させたい。

失敗できないと強く思ってしまうと人はとても緊張します。

「断崖絶壁の道を歩くイメージ」に近い精神状況といえば、分かりやすいのではないでしょうか?

自分もこんなときは必ずといいほど失敗しました。緊張して無口になってしまうのです。

このため、考え方を変えていきましょう。

当日までの準備をしっかり行い、自分にできるだけの対応をとります。

そのうえで、何も考えない。当日は楽しく会話する。と意識して、深く考えるのを止めてください。

1回のみの対応によって、重要な事は決断されません。

心にゆとりを持ち、自分でできるだけのことをやったので、いい相手と巡りあえるのは、の問題かな・・と考えるとリラックスができると思います。

人がいい結果や普段どおりの行動がとれるのは、リラックスにある程度の緊張感が加わったときです。

すでにあなたは頑張っているのですから。

縁と割り切ってしまい、結果について考えないようにして下さい。

行動を続けてさえいれば、必ず結果にたどり着くときがきますよ。

さて、時間が限られていることが婚活パーティーの特徴です。

ここをうまく対応しないと、すぐ時間が終了してしまいますので、婚活パーティー特有の対応についてふれてみます。

婚活パーティーでの会話の流れ

婚活パーティーでの初対面の女性と会話の流れには、3ステップがあります。

ステップ1  挨拶、簡単な自己紹介、褒める

ステップ2  会話(共通の話題、趣味、仕事、出身地)


ステップ3  テストクロージング、挨拶

順番にふれていきます。

ステップ1 挨拶、自己紹介

初対面の人と会話をするまでの導入部分です。

第1印象がとても大切になりますので、以下の項目を自分でチェックしてみてください。

まず、「挨拶」です。
相手の対面の席に、きちんと着座してから、相手の目も見てきちんと挨拶します。

第1印象で、女性からの好感度が高くなるのは、さわやかさ、優しさです。

これをアピールするために、笑顔で、相手の目を見て、「よろしくお願いします。」と挨拶してください。

笑顔がぎこちなかったり、緊張している、無愛想な表情では魅力がなくなってしまいます。

苦手な場合は、自宅の鏡の前で練習してみてください。

「ウイスキー」と発音するように、軽く口角をあげて自然に笑うような表情が女性にとって、とても魅力的になります。

練習をすることで、だれでもできるようになります。

次に、「自己紹介」です。
男性から自分の氏名を伝えて、お互いに氏名の自己紹介を行います。

男性の方に向けてのワンポイント

短時間で、女性への好感度を高める必要がありますよね。

さりげなく相手の女性を褒めるようにしてください。

人は褒められて、悪い印象を持つ人はいません。

褒めるポイントは、ファッションについてです。

婚活パーティーに、女性はお洒落をして出会いを求めに来ています。

お洒落な部分を褒められて悪い印象はもちませんし、嬉しくなります。

例えば、男性でもジャケットやアウターを婚活のために新しく購入して参加している場合を想像してみてください。

女性から、「素敵なジャケットですね。」と褒められると嬉しくなりますよね。

「女性への褒めるポイント」を婚活パーティーの受付を済ませてから、探してみてください。

注意しなくてはいけないのが、身体的な特徴を褒めることです。

「色白で素敵ですね」、「髪がとても素敵ですね」、「目がぱっちりして、素敵ですね」などというようなものです。

女性本人が自分のチャームポイントとして、意識している場合は、褒められると嬉しくなる場合があります。

ですが、初対面の男性に身体的な特徴を褒められると大抵は、気持ち悪いものです。

初対面は、必ずさけてください。

何回かデートをするような関係になった後で、褒めるのがスマートです。

ステップ2 会話の中身

会話の中身です。

次にまた会話したい、会ってみたいとお互いに思えるようになるために最も大切な部分です。

チェックしてみてください。

ここまでは、女性と挨拶から褒めるまでを自然にやりとりしていきます。

婚活パーティーは、時間が限られていますので、戦略が必要です。

基本プロフィールを確認しますが、注意しなくてはいけないのは、相手のプロフィールを凝視しすぎてはいけません

会話する時間が限られていますし、沈黙の気まずい間を作ってもいいことはありません。

女性の基本プロフィールをざっと確認して、会話をしていきましょう。

確認することは、共通の話題趣味仕事出身や住まいの4つだけです。

出身や住まい

トピックの「出身や住まい」についてです。

これは、会話の導入にもなり、会話のネタになります。

有名な場所、名産、自分が行ったことがある場合は感想などを伝えてみることで、会話を始められるようになります。

仕事

トピックの「仕事」です。

これは、初対面などで、お互いに説明をしますよね。

男性だとアピールするポイントにもなってきます。注意するべきポイントがあります。

仕事の話しをダラダラしすぎてはダメ

目標は、相手の女性や男性と短時間で仲良くなることですよね。

「つまらない話をする」ことはさけましょう。

仕事の話題は、アピールには使えますが、女性と仲良くなることはできません。

時間が限られているので、相手の女性が分かりやすいように、仕事の話をしてみます。

女性から、質問があれば、それに回答する対応で問題ありません。

婚活パーティーでの会話のメインは、共通の話題」、「趣味です。

相手の女性とあなたの共通話題をプロフィールから探して、会話の話題につなげます。

また、趣味についても同じように話題につなげます。

ここで、会話のキャッチボールがうまくできると、お互いに会話していて楽しくなります。

楽しくなれれば、「また話してみたいな」、「また会ってみたいな」と思えるようになり、次につなげられるようになりますよ。

長くなるので、記事をここで分けさせていただきます。
後編は、こちらの記事でふれてみます。

モヒート

パーティーで女性と会話をはずませるために 後編

2019年7月27日


よろしかったらクリックをお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

既婚。専門職。30代後半です。大学生のときから付き合った彼女と25歳のときに別れました。 26歳から、出会いを求めて婚活の世界に。婚活パーティー、ネット、大手相談所、結婚相談所の全てで婚活を行っています。 破局、数多くの出会いに経て、結婚相談所で今の妻と出会い、結婚しました。 仕事と子育てに奮闘中です。 趣味は読書、映画、料理、ガーデニング、ブログです。