オーネットを選んだ理由を自分の経験で徹底的に語る

婚活をすることに決めたけれど、事業者はたくさんあるよな。

いったいどこが自分にはいいのか・・

と最初に悩むところです。

私も同じように悩みました。

大手の結婚サービス事業者の全てに、説明を聞きにいきました。

いろいろ検討し、自分が28歳のときに、O-NETで婚活をすることを決めて活動してみました。

この記事では、私が選んだ理由を4つの点でふれてみます。

1.大手結婚サービス事業者は有名である

有名である

まず、大手にしようと考えたきっかけですが、CMや広告でかなり知られていますよね。

このため、女性の会員数はとても多く、20代、30代の女性が多く登録しています。

自分の対象となる女性が多ければ、多いほど自分に合う女性が見つかると思い、大手で活動することを決めました。

実際に婚活してみて、20代前半や25~28歳ぐらいの女性にたくさん会うことができました。

「容姿はどうなのか?」と気になる方もいますよね。

日常の世界と何も変わりません。

普通の容姿の方が圧倒的に多いものです。

「周りの男性がほっておかないだろうな。」というような女性は、2~3割ぐらいです。

婚活するうえで自分にとって、大きなメリットとして、活動することができました。

2.紹介状のしくみ

紹介状のしくみ

大手の結婚サービス事業者は、毎月ごとに会員に、「自分の設定した対象となる会員」を紹介するシステムを導入しています。

この紹介方法も、事業者によって異なってきます。

毎月、女性、男性会員にそれぞれ同じ異性の会員が紹介される ①

毎月、女性、男性会員にそれぞれ違う異性の会員が紹介される ②

①では、同じペアの会員が女性と男性にそれぞれ紹介されるため、組合せが限定されます。

②では、女性会員と男性会員に全く別々の異性がそれぞれ紹介されるため、組合せが多くなります。

人によって、向いている紹介方法が異なると思います。

ゆっくり、じっくりと婚活していきたい場合は、①の方が向いています。

多くの女性会員と会って、自分に合う女性を見つけたい場合は、②の方が向いています。

自分は、②の方で活動したかったので、O-NETが適していました。

3.婚活の条件の絞り込み

条件の絞り込み

私の条件は、「年下から自分の年齢+2歳まで」の女性で、私の活動範囲である関東圏内、仕事をしている女性を条件として絞りこみました。

この条件で絞ったときに、対象となる人数が多かったのが、2社あり、O-NETが含まれていました。

自分の条件を絞り込むことはとても大切です

対象となる会員の母数が少ない場合は、活動自体が難しくなってしまうためです。

条件は大切ですが、厳しすぎる条件や、条件をいくつも追加すると難しくなってしまうので注意が必要です。

4.成婚率にはこだわらない?!

成婚率にはこだわらない

婚活の目標は、自分に合う女性を見つけて、結婚することになりますよね。

必ず、結婚するということで、成婚率が気になるところです。

しかし、気にしても仕方がありません。

大手はきちんとしたシステムになっていますし、登録している女性会員の数は多いです。

心配しないでください。

分かりやすく、ふれてみます。

大学受験などを思い出してみてください。

受験のときに、予備校や参考書などさまざまなものを利用して努力されたと思います。

このときも「落ちたらどうしよう」と不安になることも。

ですが、勉強を継続し続けて、受験に臨みましたよね?

婚活も同じです。

行動することが一番大切です

「自分に合う相手」という不確定要素なので、不安になるのも無理はありません。

ですが、行動し続けることで、必ず出会えます。

新しい女性も多く加入して、婚活の場は固定されているものではなく、流動的です。

いかがでしたでしょうか?

自分の体験を中心にこの記事では「O-NETを選んだ理由」についてふれてみました。

少しでも、この記事を見ているあなたに役に立ったら、幸いです。


よろしかったらクリックをお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

既婚。専門職。30代後半です。大学生のときから付き合った彼女と25歳のときに別れました。 26歳から、出会いを求めて婚活の世界に。婚活パーティー、ネット、大手相談所、結婚相談所の全てで婚活を行っています。 破局、数多くの出会いに経て、結婚相談所で今の妻と出会い、結婚しました。 仕事と子育てに奮闘中です。 趣味は読書、映画、料理、ガーデニング、ブログです。