自分の体験をもとに、O-NETでの活動を解説してみます。

婚活の流れって、想像できますか?

結婚をお互いに目標とした「婚活」って堅くて、気恥ずかしさを持つイメージではないでしょうか?

私も経験するまでは、堅苦しいイメージしかありませんでした。

ですが、最近の婚活では、イメージが良くなっています。

出会いを探すためにとても有効なものになっている婚活

私が経験した「O-NETでの活動」について、この記事でふれてみます。

O-NETでの婚活の一連の流れとは?!

O-NETでの活動の基本は、対面で会う前に、会員どうしが掲示板でやりとりをしてみるものになっています。

掲示板開設のための申込、申込まれ

①紹介書

②O-NETPASS


③イントロG

3つの方法による相手への「申込」や「申込まれ」が一般的な活動です。

紹介状による出会い

①紹介書とは、毎月ごとにWEBサイトの各会員ページに紹介されます。

基本プロフィールが書かれたものが紹介され、申込んだときに、相手から「承諾」の返事を受けることで、初めて、相手の顔写真や自己PRなどの詳細が確認できるものになっています。

オーネットでは、紹介書は、男性会員と女性会員に別々の女性、男性がそれぞれ紹介されています。

このため、いろんな会員に紹介されて、相性のよい相手が見つかる可能性が高くなります。

O-NETPASSによる出会い

O-NETPASSとは、オーネットの支社でパソコンを使用して、相手の顔写真を見て選ぶものです。

文書ではよく分からないな。
相手の容姿を優先させたいという場合では、この方法が優れています。

イントロGによる出会い

③イントロGとは、オーネットの会員紹介の冊子のことをさします。

入会してから、一定の月が経過すると、新規会員として、冊子で掲載されて異性の会員に紹介されます。

イントロGで紹介されると、「申込まれ」がとても多くなります。

会員の間では、「イントロGバブル」と言われ、活動がしやすくなる時期です。

冊子では、都道府県ごとに新規会員が一覧になっていることが特徴です。

自分の近いエリアで、毎月の紹介書とは別の会員を知ることができ、申込むことが可能になります。

このため、自分に合う相手を探すために、活動の範囲を広げることができるようになります。

3つの方法で、「申込み」をして、相手から承諾の返事をもらえると2人の掲示板が開設されます

掲示板では相手の基本プロフィール(仕事、趣味、家族構成など)を事前に確認して、やりとりします。

掲示板のイメージはLINEのようなものです。

掲示板で盛り上がった場合は、実際にお会いして、二人で会話してみるようになります。

初めて相手にお会いするときはとても緊張しますが、だんだん慣れてきますよ。

2.初対面

落ち着いたカフェやホテルのラウンジでの初対面

チェーン系のカフェや会話するのにそぐわない場所では行いません。

落ち着いたかのラウンジなどで、会うことが一般的です。

日時や場所の手配は、お互いの日程の都合やアクセスなどを考慮して、男性が決定します。

雰囲気の悪い場所を選んでしまうことや、カフェ等の場所がよく分からず迷ってしまうリスクをさけるようにして下さい。

服装は、カジュアルな服で問題ありません。

ホテルのラウンジで行う場合は、フォーマルな服装やスーツが無難。

初めて会うときの時間は、30分から1時間程度が目安になっています

会話の内容ですが、「何に話したらいいのか? 初対面の人とうまく話せるのか?」と思いますよね。

自分もそうでした。

しかし、仕事、趣味、好きなこと、気になっていること等を気軽に話すよう感じで問題ありません。

「仕事は何をなさっているのですか?

「家族構成は?」

このような堅苦しいイメージを持ちがちですが、現状の婚活は異なっています。

フランクに会話を楽しむ

初対面での特有の緊張感はありますが、フランクに会話を楽しんでみることで問題ありません。

会話してみて居心地が悪かったり、緊張感が抜けない場合などは、「相性が悪い」ことを判断するポイントになります。

3.交際

問題無ければ、2人で交際を進めていきます。

一般的な「お付合い」と同じなのですが、婚活特有のものがあります。

女性と複数交際は可能である

一般的に二股交際は、問題ですよね。

ただし、婚活では別です。

婚活という限られた時間である

初対面では判断つかない

このような理由で、何回か会ってみている会員もたくさんいます。

このため、同時に進行することは問題ありません。

もちろん、「初対面で素敵な女性、男性」だなということで、恋愛感情を育てていくために、一人に絞るのも問題ありません。

同時に進行するのは心情的に苦手、仕事が忙しくてオフの日が限られていることも。

無理をしない範囲で「交際」をすることが大切です。

また、2人のことをもっとよく知るために、たくさん会うことが大切ですよ。

婚活というと、「相手のことを審査・チェックする」という姿勢にいたるところでなりがちです。

「プロフィールのチェック」

「初対面のときの様子」

「交際のときの様子」

ですが、目的は結婚ですよね。

その相手を好きと思えなければ、結婚するまでたどり着くことはできません。

相手を早い段階でチェックすることはお互いにとって大切です。

しかし、一般的なデートとしての交際を楽しむことがとっても大切ですよ。

4.真剣交際

お互いに不安なところがなく、惹かれあっている。

他の会員さんの婚活などで、交際を邪魔されたくないという方には、「真剣交際をしたい」旨を女性に自分の想いを伝えます。

一般的なお付合いと全く同じです。

無事、「承諾」の返事を得たら、真剣交際に入ります。

真剣交際中は、WEB上サイトでの申込をすることや相手からの申込を受けることができなくなります。

このため、「交際」に専念することができます。

5.プロボーズ

お互いに気持ちが高まったら、男性がプロポーズします。

女性から「承諾」の返事を得ることができれば、成婚になります。

それぞれの担当カウンセラーに成婚の旨を伝え、退会手続を行い婚活が終了します。

ここが、婚活の最終目標ですね。

いかがでしたでしょうか?

ざっとまとめさせていただきました。

O-NETでの一通りのながれが理解できたのではないでしょうか?

この婚活では、「身元のきちんとしている人と出会える」、「恋愛の早回しとして、婚活が行なえる。」というメリットがあります。

入会して活動することで、出会いは確実に増えます。

出会いを求めている方にとっては、有益な方法になりますよ。


よろしかったらクリックをお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

既婚。専門職。30代後半です。大学生のときから付き合った彼女と25歳のときに別れました。 26歳から、出会いを求めて婚活の世界に。婚活パーティー、ネット、大手相談所、結婚相談所の全てで婚活を行っています。 破局、数多くの出会いに経て、結婚相談所で今の妻と出会い、結婚しました。 仕事と子育てに奮闘中です。 趣味は読書、映画、料理、ガーデニング、ブログです。