掲示板、メール、LINEでの効果的なやりとりについて

スマホ

「インターネットサイトの掲示板等でのやりとりは、どうなっているんだろう?」

「LINEやメール等のやりとりから、初めてお会いするまでに、どのくらいのやりとりが必要なのだろうか?」

と疑問に思っていませんか?

自分もよく疑問に感じていました。

自分の経験をふまえて「ネットの出会いでのやりとり」について、この記事でふれてみます。

ネットの出会いとは?!

ネット婚活

ネットの事業者が提供する出会いサービスでは、会員どうしが掲示板を開設してやりとりをするのが一般的になっています。

掲示板はLINEと同じようなものです。

お互いのやりとりの履歴が残り、新しい会話のやりとりをするときに閲覧することができるようになっています。

ほとんどの事業者で、掲示板の開設期間が定められています。

お互いにさらにやりとりしてみたいなと思えるようにすることがポイントです。

一般的に男性が、女性へ「さらにやりとりを希望する」旨の申込みをサイトで行い、女性が承諾すれば、お互いの連絡先が紹介されます。

次の段階では、お互いがLINEやメールなどでやりとりを続けていきます。

このやりとりで、ある程度お互いの人物像が分かり、信頼できるようになったら、初めて会うような流れが一般的なものになっています。

掲示板等のやりとりの期間

「会うまでのやりとりでは、どれくらいの期間が目安なのか?」
と疑問に思ったりしますよね。

私の経験では、お互いに連絡を取るようになって、早くて2週間ぐらい、遅くても1~2ヶ月ぐらいになりました。

やりとりの頻度が相手の女性によって変わりますし、相手の性格も異なるため、決めつけることはできません。

ポイントは、信頼感です。

日中は、仕事や他の用事があるため、会員がやりとりできるのは主に夜になると思います。

夜の時間に何回もお互いに、やりとりできるのであれば、2週間程度で初めて会う流れになると思います。

1日1回、一つのトピックや話題についてのやりとりする場合、1ヶ月程度が自分での目安となりました。

一つの話題をそのままやりとりすることもできますが、細かい部分はお互いに信頼感ができて、お会いして話すことで構いません。

いろんな話題をお互いにすることで、何も知らない状態から少しずつ分かってくるようになります。

会うまでのタイミングは難しいものです。

早すぎると、相手の女性から不信感を持たれますし、長すぎると話す話題がなくなってきてしまいます。

ポイントは焦らないこと
です。

自分と相手のプロフィールについて、基本的なものを一通りやりとりできたときに、ある程度の信頼感が生じていると思います。

このタイミングで、まだ不信感があるようでしたら、時間がさらに必要になります。

掲示板、メール、LINE等のやりとりでのポイント

ただ、やりとりするだけでは意味がありませんよね。

お互いに信頼できるようになることが、大切ですが、楽しくやりとりできなければ苦痛以外のなにものでもありません。

私の体験をふまえてふれてみますね。

まず文体ですが、読み言葉で書きます

なれなれしくて相手にとって不快にならないように敬語で書くことが基本です。

「です。」「ます。」で文章を終え、相手の呼称には敬語で「○○さん」とやりとりをします。

この出会いの特性をうまく利用することもポイントです。

やりとりでは、時間をかけられますし、相手の基本のプロフィールをお互いに確認できる」ということです

質問をしたり、相手に話題をふるときは、このプロフィールをきちんと確認することが大切です。

また、掲示板やメールのやりとりでも、考え方は「話す場合」と同じです

失礼な対応やNGなことは、当然ダメなのです。

対面での会話と異なり、無意識にやってしまいがちなので、注意が必要です。

具体例をあげてみますね。

いろんなやりとりをすることで、お互いの人物関係が分かると、先述しました。

だからといって、

「仕事は何をしているんですか?」

「休日は何をしていますか?」

「好きな事は○○なんですね? 具体的には何が好きなんですか?」

というように、一気に相手に掲示板やメールで質問してしまうとどう感じますか?

なんだか、尋問されているか詮索されているみたいですよね。

あれこれ詮索してくる人物で、失礼な印象になってしまいます。

対面で会っているときも同じことです。

つまり、会話の自然の流れをいっさい考えないで、質問をやみくもにしていることが原因です。

関係ないトピックを入れると、会話としては不自然な流れになってしまいます。

近い話題や話の前後で生じたキーワードをもとに、会話の話題をきりかえていくことで自然な会話になります。

掲示板やメール、LINEでのやりとりの基本の流れ

自分が活動していた時のうまく対応できた掲示板やメール、LINEでやりとりの基本のながれを説明します。

まず、相手のPRをみて、自分と共通の話題や、質問した項目を一つだけ探します。

これを、オープンクエスチョンで、はい/いいえで答えられないような形式で質問をします。

このときに、同じテーマで自分の情報を必ず先にだして、相手の話題を引き出します。

また、抽象的、一般的な質問にしないようにすることもポイントです。

やりとりしても意味がなくなり、単純につまらないからです。

文章の基本骨格を説明すると

(初回)
特定のトピックについて、自分のことから分かりやすく説明

同じトピックで、相手に質問

(2回目以降)
相手の返信に対しての感想。

返信の内容と相手のPRを見て、関連するトピックへの質問
このときにも、まず自分の情報を伝える

この2段階です。

3回目以降は、2回目と全く同じで、話題を広げていきます。

あとは、あなたと相手の相性によって、このやりとりの内容の濃さや頻度が変わってくると思います。

絶対にやってはいけないこと

掲示板、メール、LINE等でNGな行為がありますので、ふれてみます。

まず、相手の回答を急かしたり、督促するような行為です。

申込みをして、やりとりができるようになったとしても、お互いに義務ではありません。

回答がくるまでの時間のタイミングにも相性というものがあります。

せっかちなタイプの方では、相手の返事が遅くなると、イライラしたり。

相手から、返事がこなかったとしても気にしないことがポイントです。

相性がいい相手とは、自然に言葉のやりとりのリレーができます。

違うと思ったり、やりとりがつまらない場合は、返事を出しにくいものです。

いないとは思いますが、相手の意見を否定したり、ダメだし、説教は論外です。

仕事ではなく、あくまで出会いを求めていますよね。無駄なことには、意味がありません。

交際での掲示板、メール、LINE等の位置づけ

LINEやメールのやりとりだけで、女性が男性に好感を持つことはありますが、好意までを持つことはなかなか難しいのです。

仲良くなるためには、直接会って会話や一緒に出かけてみることが必要です。

タイミングをみて、初めて会うことを提案してみてください。

相手へ配慮を行い、ランチや昼下がりのカフェなどを提案してみると、会いやすくなりますよ。

ここで、楽しく会話できれば次のステップに進めると思います。

私の場合ですが、早くて2週間ぐらい、遅くても1ヶ月ぐらいで、女性と初めて会っていました。

昼にランチに行ってみたり、14時にカフェで会ってみました。

私の経験からですが、会ってみて、女性のイメージが異なる場合がありました。

LINEやメールなどでは、丁寧な文章のため、「おっとりした女性かな・・」と思って会ってみると

実際は「サバサバしている女性」というようなこともありました。

やはり、会ってみないと分からないものだと感じました。

1ヶ月程度で会うようにしていたのは、自分の女性のイメージが、実際の人物像と大きく異なっていくのをさけるためです。

やりとりの期間が長くなれば長くなるほど、相手へのイメージや印象が勝手に出来上がっていきます。

お互いにイメージしていた人と異なる場合は、初めて会ってみると、違和感につながります。

これをさけるために、1ヶ月程度で会ってみることをお勧めいたします。

いかがでしたでしょうか?

掲示板やメール、LINEのやりとりでもきちんとした対応をしないと難しくなることがなんとなく分かっていただけたと思います。

この記事を読んでいるあなたにすこしでも役に立てれば、幸いです。





よろしかったらクリックをお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

既婚。専門職。30代後半です。大学生のときから付き合った彼女と25歳のときに別れました。 26歳から、出会いを求めて婚活の世界に。婚活パーティー、ネット、大手相談所、結婚相談所の全てで婚活を行っています。 破局、数多くの出会いに経て、結婚相談所で今の妻と出会い、結婚しました。 仕事と子育てに奮闘中です。 趣味は読書、映画、料理、ガーデニング、ブログです。