男性から愛される、大切にされる女性になるために必要なこと

ピンクバラ

女性からすると、簡単に、弱音をはくような男性は、魅力的に感じなくてしまいますよね。

一緒にいて、不安を感じる

「このひと大丈夫かな・・」

と心配してしまいます。

そのいっぽうで、大切な男性には、「自分とよく相談してほしい」という気持ちが生じるものです。

今回は、女性の恋愛や婚活にとって、役立つように、男性の特性である「弱音を簡単に言えない」についてふれてみます。

男性の特性とは?!

そんな男性の弱音。

最初に、男性をとりまく状況について考えてみると分かりやすくなります。

男性は、小さいころから父親に厳しく育てられることが、多いもの。

同性の親として、家庭の中で厳しくする役目を担うことや社会で通用するために、子供のために厳しく接する父親もいます。

以下のように

女性は大切に

勉強、友達との人間関係は大切に 


簡単に泣くんじゃない

人前で涙をみせるものではない

このような事を小さいころから言われて、育ってきている男性も多いもの。

また、職場の上司からも、仕事の戦力になるために厳しく育てられることも多くなります。

成績や結果を残す   

一人前に早く成長する

このように、ずっと周りから言われてきているのが、男性の社会ではとても一般的です。

もちろん、プレッシャーを感じ続けているとたいていの男性は嫌になります。

このため、学生のときは友達と、社会人のときは友達や同期とグチを言いながら、お互いに励まし、助け合うことで精神的にもちこたえていきます。

つまり、社会のなかで、簡単に弱音をはいたり、みせたりはできない状況があります。

男性の女性に対する本音

女性との関係も基本は同じなのです。

しかし、男性だって弱音を見せたりしたいもの。

ここをうまくくみとって、「自然に何でも会話できる雰囲気や姿勢」を徐々に示していくことで、その男性にとって「大切な女性」になっていきます。

男性の本音や弱みはよほど信頼した女性や大切な女性の前でしか見せません。

モテる女性でふれた「癒される女性」、「愛嬌がある女性」は、これらが自然にできるもの。

男性から愛される大切な女性になります。

ひまわり

男性から好かれる女性とは 笑顔、向上心について

2019年7月21日
ダリア

男性から好かれる女性とは ~優しさと癒し~

2019年7月21日

具体的なアプローチとしては、「もっとしっかり」というようなプレッシャーをかけるのではないのです。

何があっても味方である」というような姿勢を示すことになります。

男性から嫌われてしまう女性は、

「仕事をもっと頑張りなさいよ」

「なんでそんなに弱みをみせるのよ」

「もっと強くならなくちゃ」

というようなプレッシャーをかける方向にもっていきがちです。

これでは、ますます嫌われることにつながります。

弱みを見せられなくなってしまうと、徐々に時間の経過とともに相手との心に違和感が生じるようになります。

「会うと、気を遣う」ような関係になり。

それがますます進んでしまうと、「緊張する・落ち着かない」に発展します。

「お互いに、本音で言えない」

「いいたいことが言えない」

が多くなってきて、自分の中で我慢するようになるとストレスが生じがちに。

やがて、些細なことや細かいことで、口論やケンカになったり。

二人の関係がよほど深くなければ破局につながってしまいます。

これをさけるためにも、自然に何でも会話できる雰囲気や姿勢は大切ですよね。

いかがでしたでしょうか?

女性の本心である「なんでも相談してほしい」と男性の特性との間には温度差があることが理解できたのではないでしょうか?

この特性を理解して、「男性に何があっても味方である」という姿勢を示せる女性は、男性からとても大切にされるのです。

これは、その男性にとって代わりの人がいなくなるからです。

「尽くしすぎる」と男性がダメになることはいうまでもありません。

ですが、区別がきちんとできます。

これは、こちらの記事でふれてみました。

ダリア

男性から好かれる女性とは ~優しさと癒し~

2019年7月21日

この記事を読んでいるあなたに少しでも役に立てたのなら、幸いです。

よろしかったらクリックをお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

既婚。専門職。30代後半です。大学生のときから付き合った彼女と25歳のときに別れました。 26歳から、出会いを求めて婚活の世界に。婚活パーティー、ネット、大手相談所、結婚相談所の全てで婚活を行っています。 破局、数多くの出会いに経て、結婚相談所で今の妻と出会い、結婚しました。 仕事と子育てに奮闘中です。 趣味は読書、映画、料理、ガーデニング、ブログです。