女性から嫌われてしまう、モテない男性とは?!

多肉

恋愛や交際で、トラブルになることはさけたいものです。

そこで、今回は、「女性から嫌われる男性について」ふれてみます。

婚活では、これをしっかり把握しておいて、逆の行動をとればいいですよね。

女友達、後輩の女性などからの意見をふまえてまとめてみます。

女性から嫌われてしまう男性とは?!

性格が怖い男性

暴力的な男性


浮気性の男性

こういった男性だと、穏やかに生活をすることが難しくなってしまいますよね。

性格が怖い男性とは、「カッと怒りやすい」、「すぐ不機嫌になる」ようなタイプです。

具体的には、仕事やプライベートの場で、すぐ怒鳴ったりする男性です。

相手の理不尽やミスに対して、感情的に興奮して怒らずに注意をすればいいのですが、怒りのままに怒鳴ってしまう男性は気を付ける必要があります。

ムッとして、怒る前に、自分の中で怒りをコントロールする「アンガーコントロール」をすることが有効です。

怒鳴る前に、自分の中で考えることが必要です。

なぜ、相手はこういう対応をしているのか?

周りの状況はどうか? 人が少なかったり、過度に忙しすぎる状況ではないのか?

○○な言葉を言われたけど、真意はほんとにそうなのか?

相手の状況を考えるようになると、感情のままに怒ることを防ぐことができますよ。

「普段はとても優しく、紳士的ですが、怒ると収拾がつかなくなる男性」も女性からすると要注意。

DVのような事件を増えているため、自分で怒りをどうしてもコントロールできない男性は、カウンセリングに通うことも有効です。

幼少期に親から受けた虐待、過去の失敗などによるトラウマなどが大きく影響を与えている場合があり、専門家に相談することがとても有効です。

モテる男性には浮気性の男性が多いのもまた事実。

ですが、結婚するとほとんどの男性は、落ち着きます。

今、婚活しているあなたは、「自分に合う女性」を探して、婚活していますよね。

時間とお金をかけ、やっと巡り合えた大切な女性

自分で「自覚を持つ」ことで浮気を防ぐことができますよ。

外見からは分かりにくい「女性から嫌われてしまう男性」とは?!

こだわりが強すぎる男性

神経質、細かい男性

外見、条件等はきちんとしていて、女性から好印象にもたれる男性も。

知り合って中身が分かってきたりすると・・女性からの印象が低下してしまうことも。

そんな男性の中身については、上記の2つがあります。

きちんと生活されている男性は、いろんなことに気にかけています。

この二つを持つことがダメなわけではありません。

程度の問題です。

自立してきちんとしている男性や、家事をなんでもこなす男性にこだわりが多くなる傾向があります。

自分も意識的に注意していました。

結婚すると、女性と男性でお互いの生活について、「すりあわせ」がいろんなところで必ず行います。

例えば

洗濯をしたときのTシャツの干し方や洗濯物のたたみ方

使用するシャンプー、コンディショナー、石鹸などへのこだわり

細かいものですが、人によってやりやすい方法や愛用しているものがあることも。

自分がやってきている方法や愛用している商品をすべて、新生活で相手の女性に話しを通そうとすると揉めてしまいます。

このこだわりがいろいろあり、強すぎる男性は、女性から敬遠されてしまいがちです。

こだわるところは最低限にして、「相手の意見を聞く、受け入れる」という寛容な姿勢が大切になってきますよ。

私は、結婚してからも、曜日によって料理を行っています。

妻とは、同じ日にキッチンに立たないにしています。

調味料の配置、動線、料理の手順などで、自分のしっくりするやり方があるもの。

お互いに細かいことを指摘し合うと、機嫌が悪くなってしまいます。

料理、洗い物が終わったら、もとのキッチンの状態に戻しています。

神経質、細かすぎる男性も、女性からは敬遠されてしまいがち。

一緒に生活することが難しくなるためなのです。

「相手の意見を聞く、受け入れる」という寛容な姿勢で、緩和することができます。

1人で生活するのは孤独で、どうしても結婚したい

「神経質、細かすぎる」ことが気になってしまう方は、専門家に相談することも大切です。

神経症として、強迫観念から潔癖症などの症状がでている場合は、心療内科の医師による薬物治療や臨床心理士によるカウンセリングが有効となってきます。

趣味の影響で「女性から嫌われてしまう男性」とは?!

趣味で収集することが好きな男性

具体的な例として、趣味でコレクションすることが好きな人です。

興味のあるものによって、漫画、フィギュア、本、スニーカー、服など様々なものがあり・・

モノ自体に問題があるのではなく、収納できる場所を探すのが難しいのです。

結婚して、共同生活になったときに部屋のスペースは限られていますよね。

少量であれば全く問題にならないと思いますが、数百種類から数千種類までをコレクションしている場合は、お金持ちの方を除き、収納する場所を用意する必要があります。

新居の空間は、広さが限られてくるため、コレクションを置けなくなってしまいます。

現実的な考え方を女性はするので、過度のコレクションをする男性は敬遠されてしまいます。

いかかでしたでしょうか?

女性から嫌われてしまう典型的な男性についてふれさせていただきました。

他にも、女性に嫌われるようなものはありますが、相性によってカバーできるものもあります。

閲覧しているあなたに少しでも、役にたてたのならば幸いです。

よろしかったらクリックをお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

既婚。専門職。30代後半です。大学生のときから付き合った彼女と25歳のときに別れました。 26歳から、出会いを求めて婚活の世界に。婚活パーティー、ネット、大手相談所、結婚相談所の全てで婚活を行っています。 破局、数多くの出会いに経て、結婚相談所で今の妻と出会い、結婚しました。 仕事と子育てに奮闘中です。 趣味は読書、映画、料理、ガーデニング、ブログです。